独立

【後編】転職からの独立

こんにちは。教員から転職、独立したしらかわです。

Twitterで教員から転職・独立する方法について発信してますので、下記からフォローお願いします!!

さて、今回は後編ということで、教員から転職して独立するまでの1年に何があったのかについて語ります。

Twitterの方でコメントいただけると嬉しいです!!

転職から1年で独立

教員から転職をするべく、働きながら1日5時間の努力をして、なんとか掴み取ったIT企業への転職。

そこを1年で退職しました。なぜそんなことをしたのか。

大前提としてお伝えしたいのは、転職先の会社に一切の非はないということ。
上司の方も非常に良くしてくださいました。

私は、この会社で3〜5年働いてキャリアアップか転職を選択するのかなと考えてました。

1年で独立するなんて、当初は考えてもいませんでしたね。

では、なぜそんな選択に至ったのか。転職した4月から時系列に沿ってお話しますね。

①感動の4月

教員から転職し、初めての民間企業での仕事は感動の連続でした。

9時出社、18時退勤がきっかり守られていた職場環境。
8時45分に家を出て、18時になったら退勤。18時30分には夜ご飯が食べられる状態に。

8時45分には授業が始まってたし、18時30分はちょうど部活が終わる時間帯だったので感動しましたね。

しかも、昼休憩がきちんと1時間あり、その間に家に帰ってカレーを作って食べた時は言葉になりませんでした。

当時感動してこんなツイートをしていたのを思い出します。笑

しかも、仕事はすべてパソコン完結。
花粉に怯えることなく、挽きたての熱々コーヒーを飲みながらの仕事は最高。

一点不安があったのは、給料が低いことでしたね。
これは「自分がまだ実力不足だからなあ」と納得はしてましたが、副業は必須だなあと感じたのを思い出します。

感動の4月が過ぎ5月に。

②努力した5月〜7月

5月からは「もっとプログラミングスキルを上げて、稼げるようになろう!」と気合いを入れ、勉強に励んでいました。

仕事が終わり、帰宅してから毎日2時間は勉強。レベルアップしてできることを増やしたいと思っていたので、頑張れたんです。

とはいえ、収入も少なかったので副業も頑張らないとなと思い、並行して進めることに。
その1ヶ月後…

③副業で結果が出始めた7月〜9月

副業に取り組んでいた時、成果が出始めました。

教員から転職した方の体験談が聞けるコミュニティに多数の参加者。
電子書籍の副業で累計5万円程度。

月3〜5万円の副収入ができて、転職後の少ない給料でもなんとか生活できるレベルに。

それでも、車のローンや自動車税、教員時代の高い住民税の支払いなどに追われてましたね。

「このままだと豊かな生活はできない」そう思い、もっと稼げる副業を探していると、”ある”事業に出会いました。それが

④天職に出会った9月〜1月

LINEマーケティングでした。

LINEマーケティングとは、LINE公式アカウントを活用して、企業の売り上げアップや集客支援をするお仕事。

商品を心理学を活用して買ってもらうのが好きだった私にとって、まさに天職です!
しかも、教員の経験があるので、お客さんにわかりやすく説明することもできました。

「これだ!」って思いましたね。

それから本格的に学ぼうと思い、60万円のLINEマーケティングの企業研修に参加。
そこで、たくさんの経営者さんやレベルの高い仲間との繋がりを得ることができました。

あのとき思い切って本当に良かったと思います。
もしLINEマーケティングに興味ある方はメッセージくださいね!
気軽にお話しましょう!

話に戻りますね。

この頃から空いた時間は全てLINEマーケティングに費やすようになりました。

わくわくと同時に地獄の始まりが…

講座代金の60万円をどう用意すればいいのか、全く策がなかったからです。笑
そこで泣く泣く大学時代に買った思い出の時計を手放し、靴や本など売れるものは全部売りましたね。

そこまで身を削って参加したので、必ず結果を出すんだと覚悟を決めました。

そして、LINEマーケティングの企業研修が終わる2月。
嬉しい出来事が起こりました。

⑤自分の特性を知った2月

大きな成果が出ました。

0から講座開発に関わったオンラインスクールで40万円の売り上げ達成
会社員の2ヶ月分の給料がたった3日で売れたわけです。

教員時代の私が聞いたら「嘘つけ。そんな美味しい話はない。詐欺確定」って言ってたでしょうね。笑

この経験から、個人で数十万円を稼ぐのは、思ったより難しくないんだと知りました。

また、Twitter運用代行のお仕事もいただき、なんと月20万円の契約でした。
この辺で完全に感覚が狂いました。

今まで毎日毎日夜遅くまで働いて、それで月20万円ってなんだったんだって。

とはいえ、この案件はまだスタートしていないので振り込みはされていないのですが、企業からのお仕事を直接もらえれば単価の高い仕事が貰えることを知りましたね。

これらを経験して、私の頭にある想いが芽生えてきました。

「自分は苦手なプログラミングより、得意なマーケティングに特化した方が成功するのではないか」と。

本業であるプログラミングは、自分から勉強したいという意欲が湧いてこなかったんですよ。
そのせいか、本業でも全然うまくいかない。

でも、マーケティングは気づいたら本を読んでるし、自分で事業を作って実践してました。
しかも、収入が増えるという形で結果が出たんです。

自分はマーケティングに特化しよう!と思った決め手は、USJの業績をV字回復させた天才マーケター森岡毅さんの言葉。

「得意からしか大きな成果は生まれない。苦手から大きな成果に繋がったことを見たことがない。」と。

この言葉により

「自分は得意なマーケティングに特化して、これからやっていこう」と決断したわけです。

さらに1ヶ月後。
もっとビッグな出来事が起こりました。

⑥独立できると確信した3月

なんとどんどん個人でお仕事を貰えるようになりました。

  • 20万円のLINE案件受注
  • 月10万円のLINE・Twitter運用代行

などです。

「副業でやっていてこれなら、本業にしたらもっと稼げるようになるのでは」と思うようになりました。

当初は3〜5年は転職先で働こうと思ってましたが「チャンスは今しかない」と思い、3月末での退職を決意しました。

転職先の方には、未経験で拾っていただいたにも関わらず、1年で退職して大変申し訳なく思っています。

でも、私の将来を考えたときに、苦手だと気づいたプログラミングで何年も経験するより、得意で好きなマーケティングを本業にした方が、大きく成長できると思ったんです。

貯金は300円程度。
クレジットの返済は70万円以上残っていましたが「自分ならいける」そう思って独立することにしました。

正直、みなさんは真似しない方がいいと思います。笑
でも、私にはこのタイミングしかないと思ったんです。

そして、いよいよ個人で独立し、全てが自分の責任となる4月が始まるわけです。

⑦思い切って挑戦した4月

わくわくと大きな不安を抱えながら、4月に個人で独立。

いろいろと試行錯誤し挑戦すると、結果はついてきました

  • Twitter運用代行の講座が5万円で売れた
  • LINEステップ配信台本の作成で5万円稼げた
  • Twitter運用代行のお仕事で9万円いただけた
  • 5月からは毎月10万円の振り込みがある

なんと、独立して7日で会社員時代の月給を超える収益を得られました!

いろんなご縁をいただいた、周りの方々に感謝です。
このときに自分の得意な分野にフォーカスして、良かったと心から思いました。

とはいえ、ここからどうなるかわかりません。

翌月の収入が0になるかもしれないし、借金を負うことになるかもしれません。
「そんな不安定な決断をしてバカだ」そう思われる方もいるでしょう。

でも、私は後悔ない人生を送りたい。お金が無くても失敗だらけでも「やりたいことは全部やった!!」と言いながら死ぬ瞬間を迎えたい。

私が独立してどんな道を辿るのか、楽しみにしてください。
失敗するのか、成功するのか。

私の発信を見て、少しでも「自分のやりたいことに挑戦したい!」と前向きに行動する人が増えてくだされば嬉しいです。

感想をTwitterでメッセージくだされば嬉しいです!!
しらかわへのメッセージはこちらから

これからも独立した生活の様子や、収入の推移などを発信していきます!
基本的には教員転職NEXTというオンラインコミュニティの企画でお話します。

教員転職NEXTのお知らせは、下記LINEからしかしていないのでご登録くださいね!
さらに今なら44,872文字でまとめた、教員転職体験記も無料プレゼントしてますので、お受け取りください✨

友だち追加

ABOUT ME
しらかわ
しらかわ
しらかわ 元体育教員Webエンジニア(26歳) 中学校教員4年間→Webエンジニアに転職成功 教員から転職したい人が集まる教員転職NEXTの運営者。現在コミュニティ生36名参加中。教員から転職した人に相談できる場所は、教員転職NEXTだけ。