転職

【前編】教員から転職への挑戦

教員退職から1年で独立した白川です!!

学校や会社の所属ではなくなったので、今後は発信活動を強化していきます。
なるべく毎日更新できるように、頑張りますね✨

今回は教員から転職したときのお話。

私のことを深く知ってもらいたいので、学生時代の様子なども書きました。

Twitterなどで感想いただけると嬉しいので、よろしくお願いします✨

平凡な日常

Googleで「一般男性」と検索したら、私の顔が出てくるんじゃないかと思うくらい普通の人間です。

どんな人間なのか、高校時代から簡単にお話しますね!!

平凡な高校生時代

高校は自称進学校。偏差値は55くらいだと思います。

そこで280人中200番くらいの成績だったので、平凡より落ちこぼれタイプだったのかもしれませんね。

部活動はハンドボールを頑張ってましたが、県3位程度。
本当に”普通”の高校生だったなと思います。

何か特別な才能があったわけでも、頭が良かったわけでもありません。

大学進学のため、塾に通うも睡眠学習。
ビデオ教材を見て勉強するタイプの塾だったので、そりゃ眠くなりますよ…

この気持ちを共感してくれる人は多いはず!!笑

スポーツ推薦で大学に行こうと思ったので、塾は途中で辞めてセンター試験も受けませんでした。
進学先はFラン大学と呼ばれる偏差値のスポーツ系大学。

「大学では頑張ろう!!」という意気込んでいたものの…

遊んでばかりの大学時代

部活動には真剣に取り組み、ある程度の成果を残せたものの、私生活はクズそのものでした。

大学の1限は、寝坊して行けないことが多かったですし、空き時間にはパズ〇ラ(同世代ならきっとわかるスマホパズルゲーム)。

家に帰ってからは、パチンコかビリヤード、友だちとの飲み会。
思い返しても、まさに”平凡”な大学生だったなと反省しちゃいますね。

パチンコで1万円勝って「俺たちは大富豪だ」なんて言って、高級な居酒屋に行ったのが懐かしいです笑

そんな私も大学卒業。
いよいよ社会人生活がスタートするわけです。

教採に3回も落ちた教員時代

中学生の頃から「教員になる!!」と言っていた私は、一直線に教員の道に。

教員採用試験を受けるものの、3年連続で不合格。

ここでも、自分の平凡さを痛感するのでした。

自分なりには頑張ったつもりだったんですけどね。20時に帰宅してから、2時間勉強するようにしてました。

今思えば努力が甘かっただけですね。

その後、きちんと勉強して臨んだ4回目の教員採用試験で、念願の合格。
正式に教員としての生活がスタートしました。

教員時代の4年間は楽しかったですよ。
私の授業を「先生の授業は楽しいです!!」と言ってくれたり、部活動では「先生の指導はわかりやすいです!!」と言ってくれたり。

「必要とされてるって嬉しいな」そう思ってました。
どうやったらもっとわかりやすく、楽しく教えられるかな、そんなことを考えて毎日過ごしてましたね。

そんな私が、なぜ転職を考えるようになったのか。それは…

転職を考えるように

教員4年目の夏。私は教員からの転職を本気で考え始めました。

教員採用試験に合格して、1年も経っていないのにです。

その理由は大きく2つありました。

理由①挑戦したい目標ができた

「経営者になりたい」
その想いが次第に強くなってきたんです。

教員3年目までは「安定した職に就いて、普通の一般的な家庭を築きたい」そう思ってました。

しかし、いろんな本やYouTubeで情報を収集していく中で、「失敗してもいいから、やりたいことに挑戦する人生を送りたい。」そう思うようになっていったんです。

理由②将来の家族を大切にできない未来

教員として働いて気づきました。「将来家族ができたときに、家族のための時間を確保できないかも」と。

私は家族との時間を大切に過ごしたいと思っているタイプ。

このまま10年も20年も教員は続けられないな。そう思うようになったんです。

「転職に挑戦してみるか」そんな考えが芽生えてきましたが、まだ迷っていました。

なぜかというと…

葛藤

転職に挑戦するにあたって、いくつか不安がありました。

葛藤①安定した職を捨てるギャンブル

教員は犯罪などを犯さない限り、職を失うことはありません。
病気になったときの、手当等も手厚いです。ローンを組む際も抜群の社会的信用があるので、通りやすいです。

そんな安定した公務員という職を捨てて、失敗したらどうしようという不安がありました。

葛藤②見えない将来に対する不安

転職先でクビになったらどうしよう。
もし怪我して働けなくなったらどうしよう。
老後の年金・退職金はどうしよう。

そんな将来に対する不安も、転職を迷った理由の1つでした。

そんな不安を抱きながらも、私は決断しました。

決断

「教員から転職する」と、決断しました。

いろんな不安や葛藤があったにも関わらず、転職を決断できたのはある1冊の本のおかげでした。

1冊の本とは

それは「死ぬ瞬間の5つの後悔」という本です。

数千人の老人の”死”の瞬間に言った後悔の中で、最も多かった5つを紹介している本。

その中で「自分に正直に生きれば良かった」と後悔して亡くなる人が、一番多かったそうです。

この本を読んで「どんなにお金が無かろうが失敗しようが、後悔しない選択をしよう」そう心に誓いました。

悩んでいた”転職”を決断し、転職活動を始めました。

待っていたのは、地獄の日々でした。

地獄の転職活動

教員から転職をするというのは、文字通りの地獄でした。

教員しながら1日5時間勉強

教員として働きながら転職のため、毎日5時間のプログラミング学習。

朝5:30に起きて出勤まで勉強。帰宅してから21時〜1時まで勉強。


勉強中に寝てはいけないので、エナジードリンクを深夜に飲み、無理やり起きていました。
その結果、何度も金縛りにあったり、悪夢をみていました。

無意識に頭を掻きむしったり、発狂寸前でしたね。

44社からの不採用通知

そんな状態で臨んだ転職活動。書類もほとんど無視され、面接すら進めない。

1通1通の不採用通知が来るたび「自分は必要とされていないんだ」そう思ったのを思い出します。

転職成功

諦めずに転職活動を続けていくと、ようやく嬉しい結果が出始めました。

2社の内定を獲得

最終的には46社に応募して、2社の内定をいただくことができました。

厳しい転職活動にはなりましたが、なんとか内定を得ることができて、本当にほっとしたのを思い出します。

「これからエンジニアとして、第二の人生頑張るぞ!!」

そう思っていたのに…

転職後、1年で辞めることに…

あれだけ苦労して掴み取った転職先。
なのに、1年で辞める決断をしました。

転職先の企業には、本当に申し訳ないことをしたという気持ちでいっぱいです。

なぜ辞めることになったのか

なぜそんな決断をしたのか。

続きは、後編で語ります。


もっと詳しく転職の手順が知りたい方は、こちらをご覧ください!!

私がスキル0から半年で転職した手順やノウハウを、44,872文字、原稿用紙100枚以上でまとめています。
今なら無料プレゼントしているので、下記LINEに登録して無料で受け取ってくださいね✨

ABOUT ME
しらかわ
しらかわ
しらかわ 元体育教員Webエンジニア(26歳) 中学校教員4年間→Webエンジニアに転職成功 教員から転職したい人が集まる教員転職NEXTの運営者。現在コミュニティ生36名参加中。教員から転職した人に相談できる場所は、教員転職NEXTだけ。